一冊の本で人生は変わる

月刊散歩のすすめ「風と共に去りぬ9月」

怒涛の9月が台風とともに過ぎ去り、気づけば「記録的猛暑」も終わりをむかえ過ごしやすい季節がやってきました。

夜の伏見稲荷大社

遠くに足をのばして散歩。昼に見る千本鳥居とはまた違った迫力に圧倒されました。

ゆとり世代

朝井リョウさんが書いた「時をかけるゆとり」を読破。本格的な「読書の秋」が始まる前のウォーミングアップです。

独自の教育理論「鈴木先生」

9月は「鈴木先生」というドラマにどハマり。1~10話を一気に観ました。

Amazonプライム・ビデオで面白そうなドラマを探していると偶然発見。

教師がメインのドラマだと不良、問題児にスポットがあたりがちですがこの「鈴木先生」はその逆でした。

どこにでもいそうな中学教師がこれまたどこにでもいる生徒と独自の教育理論で向き合う日々。

非常に考えされられるドラマで観る価値ありです。

カズマ

10月は計画的に物事に取り組む!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる