一冊の本で人生は変わる

Macとプロジェクターかんたん接続方法3つの便利グッズを紹介

カズマ

会社でセミナー講師を担当することになったけど、Macとプロジェクターの接続方法が分からない。なにを準備すればいいのか知りたい。

こんな疑問に回答します。

読むと分かること
・Macとプロジェクターの接続手順
・接続につかう便利グッズ
・ディスプレイ設定

カズマ

年間40回以上、いろんな場所で研修を行っているため、プロジェクターの接続に詳しくなりました。実際に使用していいなと思ったモノを紹介します。

自分が人前にたって話す以外に、会場設営の担当になったけどプロジェクター接続準備は、なにをしたらいいのか困っている人もいますよね。

手順とアダプターを用意すれば、当日にあわてず誰でもかんたんにMacとプロジェクターを接続できます。

僕が使っているMacBookProを利用した、プロジェクターの接続方法を解説します。

使用されるパソコンによっては、便利グッズに若干の違いがありますので、その点はご理解お願いします。

Macとプロジェクターの接続方法を習得して本番に備えましょう。

目次

Macとプロジェクターの接続方法を確認

まず、当日会場についたらMacとプロジェクターの接続方法を確認。

自宅から会場までプロジェクターを持参する人は少ないかな。

ほとんどの人が会場に備え付けられているプロジェクターを使用しますね。

プロジェクター本体の背面をチェックしましょう。

ほとんどのプロジェクターには青色のVGA端子がついています。

最近発売された新しいプロジェクターにはHDMI端子があることも。

VGA、HDMIどちらの端子もついているプロジェクターもあります。

VGA端子

アナログ信号でMacとプロジェクターを接続。15ピンと呼ぶ人もいます。

音声を流すことが出来ないので、プレゼンで音声付きの動画を流す場合は、別途スピーカーの準備が必要になります。

スピーカー内蔵のプロジェクターであれば大丈夫ですが、音質がよくないので音割れに注意。

HDMI端子

デジタル信号でMacとプロジェクターを接続。1本のケーブルで音声と映像を流すことが可能。

デジタル信号を利用するHDMI接続は高い解像度で映すことができます。

変換アダプターを準備

2つの端子に対応できるよう2種類の変換アダプターを準備しておくと安心。

前日までに設営担当者に変換アダプターの有無を確認できると一番いいですね。

しかし、プロジェクターに詳しくない人や、Macに対応した変換アダプターか不明なケースがあるため、僕はいつも2種類持ち歩きます。

USB Type-C VGAマルチ変換アダプタ

プロジェクターのVGA端子とMacBook ProのType-Cを接続する変換アダプター。

USBとType-Cが両サイドに付随しているモノを利用中。

Type-CマルチハブMacbook Pro対応

プロジェクターのHDMI端子とMacBook ProのType-Cを接続する変換アダプター。

SDカードやUSB、Type-Cが備わっている複合タイプを使用しています。

スリムボディでかさばらず持ち歩ける点がお気に入り。

MacBookProにつないでも違和感なし。

ディスプレイ設定をチェック

接続前にプロジェクターの電源を入れましょう。

VGAとHDMI端子のどちらを使用するか決め、対応するケーブルと変換アダプターをつなぎ準備完了。

ケーブルはプロジェクターの付属品として同梱。接続が完了すると自動的に映像が投射されます。

もし映らない場合は、プロジェクターのメニューボタンを押して、入力検出が端子と同じになっているかを見ます。

解像度や画面比率を変更したいときは、システム環境設定内のディスプレイから調整します。

ミラーリング

Macの画面と同じ画面をプロジェクターに映したいときは、ディスプレイをミラーリングにチェックをします。

基本的にセミナーでキーノートを表示する場合はディスプレイをミラーリングからチェックを外しましょう。

プロジェクターの利用回数を重ねたおかげで、どんなタイプでも今は大丈夫。
なれるまで僕はミラーリングが分からずに戸惑いました。

番外編 あると便利なプレゼンター

プロジェクターの接続がスムーズにできたら次はこれ。説得力のあるプレゼンに役立ちアイテム。

カズマ

エンターの連打からさよなら。
スライドめくりを遠隔でかっこよくしませんか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる