ハンズフリーで”身軽に”行動できるボディバッグ-Belloy Sling-

今回は「ちょっとそこまで散歩に行きたい」そんなときに気兼ねなく使えるボディバッグを紹介します。

荷物を持ち運ぶ道具のカバン。
リュックやビジネスバッグ、ボディバッグなど、その日の持ち物に応じて使い分けをしています。

服装に合わせて、コーディネートの一環としてカバンを選ぶ人もいますね。

あらためて整理して考えてみると、僕は5つのカバンを用途に応じて使い分けています。

内訳はこんな感じ。「リュック3つ、ビジネスバッグ1つ、ボディバッグ1つ」

仕事ではパソコンを持ち歩くため、必然的に”リュックかビジネスバッグ”のどちらかになります。

散歩へ行くときは重い荷物から解放されハンズフリーで身軽に動きたい

BelloyのSlingは”手ぶらスタイル”を叶えてくれました。

目次

BelloyのSling

Belloy「ベルロイ」 とは

ベルロイ (Bellroy)はオーストラリアで誕生したブランド。フクロウのアイコンが目印。

取り出しやすくかさばらないスリムな財布づくりを目指して、日常使い、アウトドアライフ、旅先など様々なシーンを想定し機能性やデザインを追求しているブランドです。

財布以外にもリュック、ポーチ、iPhoneケースなど、沢山のこだわり商品が販売されています。

ベルロイは、よりシンプルに、簡単に持ち運ぶ方法を提案するため、デザインに多くの時間を費やし心を込めて製作しています。ストレスフリーのライフスタイルを目指し、すべてのベルロイ製品はあらゆるアイデアを絞り出し細かく考慮して作られています。

Belloy HP

僕はこのBelloy(ベルロイ )のコンセプトに魅力を感じて好きになりました。

自分がなにか新しいモノを買うとき基準となる項目。

  • シンプル
  • 簡単に
  • ストレスフリー

ベルロイのホームページを見るとどの商品も、3つのキーワードをギュギュっと圧縮プラスアルファ”作り手の熱量”も強く込められたモノばかり。

特に好きなのがどんな場面で商品を使うのか、使用シーンをお洒落に魅せる説明動画です。

カズマ

個人的にどストライク!

シンプルな装いのSling

商品が届き手にとった率直な外観の感想。

第一印象は「荷物を持ち歩くための”必要最低限の機能”だけあればいい」です。

ボディバッグに豪華、派手といった装いは不要。

「ちょっとそこまで散歩に行きたい」そんなときに気兼ねなく使えるバッグ。

サイズ

縦 23cm
横 34cm
厚み 10cm
重さ 350g
容量 7L

織布の質感

写真で伝えることが難しく残念。

ベルロイの製品は使用されている素材感がどれも独特。

環境に優しい、なおかつ耐久性、耐水性を備えています。

僕はこの触れた質感と見た目が好みで、ベルロイ製品を選ぶようになりました。

数は多くありませんが店舗で取り扱われているときもあるので、見かけたらぜひ実物に触って欲しいです。

自由に調節可能なストラップ

ストラップの長さを調節することで、自分にあった持ち方ができます。

短めにして前で抱きかかえるもよし、長めにして後ろで背負うもよし、肩にかけてもよし。あなたのスタイルを選ぶことが可能。

自由に調節がきくと、体型に応じて変えることももちろんできるので家族、パートナーと一緒に使えますね。

お母さんのお出かけ用、子どもの遊びに行く用なんて感じで。家族みんなで使えるバックになりそうな予感。

ストラップはマグネットでとめるタイプなので、簡単にささっと取り外せます。

身長160cmの僕が使うと写真のようなバランスです。

区切りをつけて収納

容量がコンパクトな7L。こちらも調節可能。その日に持ち歩く荷物に応じて、バッグが拡張できます。

収納スペースも必要最低限。

手前のサブスペースとメインの収納スペース。メイン収納の中にはひとつ小さなチャック付きポケットがあります。

僕は3つのスペースをこんな風に活用しています。

  1. 手前に携帯と財布
  2. メインスペースにメモ、ポーチ、イヤホン
  3. ポケットにポケットwi-fi

利用頻度ごと綺麗に区切りをつけて収納できると気持ちがよく、ゴチャゴチャせずどこに何があるのか迷わず取り出せます。

財布も同じBelloy(ベルロイ )の製品を使用中。ひとつ気に入ったブランドがあると統一したくなります。

鍵をなくさないキークリップ

メインスペースのなかによく見るとキークリップが。褒め言葉として「地味」な存在。

鍵をすぐ取り出せるキークリップがあることで、外出から帰ってきたとき鍵を探す手間が省けます。

モノを探す時間を極力減らしたい。このクリップがあるだけで”無駄な時間”を減らすことができます。

まとめ

シンプルなボディバッグを探している人は候補にいれておきましょう。
カラーも5色あり”性別を問わず”似合いそうなので、贈りモノとしてもありです。

大量にモノを持ち運びたい人にはオススメできず、ポケットだけでコトが足りてしまう人も、ボデイバッグはいりませんね。

ただのボディバッグと考えて購入するには、少し高い値段だと思いましたが、トータルの使い心地や素材感、好きなブランドと考えればお金を出す価値はあります。

”ちょっとそこまで散歩に行きたい”、相棒にBelloyのSlingはいかがでしょうか。

カズマ

好きなブランドで揃えるタイプです!

Amazonで買い物するならAmazonギフト券の利用がお得!
チャージするだけでプライム会員なら最大で2.5%のポイントが貯まる。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる