一冊の本で人生は変わる

kindle端末を徹底比較!!購入前に調べてみた

この記事では僕が調べた「kindle端末の比較」を紹介します。

早速ですが本題へ。

kindleってそもそもなに?いくつか種類があるけど違いがわかりづらいってなりませんか?

僕も「kindleを買う」と決めたものの、迷ってしまい購入できていません。自分にあったkindleを探すのって難しいですね。

しかし、念願のkindleを買うため、あらためてkindleの違いを調べました。

端末の比較とあわせて、お得に買う方法とkindle unlimited(キンドル アンリミテッド)も調べたので一緒に書いておきました。

この記事を読めばkindle端末の違いがわかります。

購入前の検討記事なので、僕と同じようにkindleをこれから買ってみようかなと考えている人に向けた内容です。

それでは、僕が調べた「kindle端末の比較」について、発表していきますね。

カズマ

商品を買う前、念入りに下調べをするタイプです

目次

kindle「キンドル」とは

kindle(キンドル)とはアマゾンが販売している電子書籍端末です。アマゾン内で買えるkindle本を読むため専用の端末

タブレットのような見た目をしているため、いろんなことが出来そうに見えるけど、電子書籍を読むことだけに特化しています。

kindle購入前の検討ポイント

僕がkindleを欲しい理由と気になる点を整理しておきます。

kindleが欲しい理由

カズマ

kindleが欲しい理由は2つあります

省スペース

読書が好きでたくさん本を購入します。本を買うとどうしても本棚問題が発生。置き場所に困るため電子書籍へ移行したい。

どこでも読書ができる

思いついたときに読書がしたい。仕事の合間やスキマ時間に、どこでも本が読める環境を整えたいです。

kindleの気になる点

カズマ

kindleの購入を少しためらってしまう点がコチラ

目が疲れそう

電子書籍専用の端末と言っても、目が疲れたりしんどくならないか心配。ブルーライトカットらしいけど。

ページをめくるときの画面表示になれるのか。読むスピードが早い方なので、ページ送りの残像が気になりますね。

読みたい本があるのか

自分の読みたい本が、電子書籍化されていない場合どうするか。どうしても読みたい本は書店で買えばいいかな。

2つ気になる点があるけど、結局は自分で使ってみないと分からないですよね。実際に購入したら、レビューしてみます。

Kindle端末「特徴ごとに比較」

kindle端末は全部で4種類。端末ごとの比較表をつくりました。購入するときの参考にしてみてください。

kindle(無印)paperwhiteoasisキッズモデル
価格¥8,980¥13,980¥29,980¥10,980
容量4GB8GB/32GB8GB/32GB8GB
画面6インチ6インチ7インチ6インチ
解像度167ppi300ppi300ppi167ppi
重さ174g191g188g288g(カバー含む)
接続Wi-FiWi-Fi、Wi-Fi+4GWi-Fi、Wi-Fi+4GWi-Fi
防水
物理ボタン

kindle比較前の知っておきたいこと

本体端末の比較前に知っておきたいポイント、広告の有無、容量「4~32GB」、Wi-FI+4GかWi-FIのみを紹介。

広告の有無

広告ありとなしで2,000円ほどの差があります。スリープモード中や本を選ぶ時に広告が出てくるそうです。

僕は広告なしを選びます。1円でも安く買いたい人は広告ありでもいいかも知れませんね。

容量「4~32GB」

容量はkindleのなかに本をダウンロードしておける量です。ネット回線のある場所で事前にダウンロードしておけば、好きなときに読書を楽しめます。

およその容量を調査してみましたよ。

マンガの場合

4GB:約65冊
8GB:約130冊
32GB:約520冊

小説はページ数でデータ容量の差が大きいので割愛。小説は漫画よりも容量が小さいので8GBでも8000冊以上は保存できそうですね。

漫画を読みたい人は32GBがいいですね。大は小をかねる。

僕はkindleで漫画を読まない予定なので8GBを選びます。

Wi-FI+4GかWi-FIのみモデル

kindleにはWi-FI+4GとWi-Fiのみのモデルがあります。

4G回線と言っても月額料金を支払う必要はなく、Amazonが負担してくれるそうです。そして、端末価格が高くなります。

自宅にネット環境がない人でも、気軽に電子書籍を楽しむことができますね。

僕はポケットWi-fiがあるので、Wi-FIのみモデルを選びます。

kindle端末を4種類を比較

各kindle端末のスペックを紹介していきます。

カズマ

簡単に特徴で並べるとこんな感じ!

1,kindle(無印)

  • 一番安い端末
  • 解像度167ppiが低い。kindle paperwhiteとkindle oasisは300ppi
  • 漫画や図解のある書籍を読むには不向き
  • 防水機能がない

とにかく電子書籍を試してみたい人にオススメ出来そうな端末。

カズマ

kindle(無印)と呼ばれています。

2,kindle paperwhite

  • 人気ナンバーワン
  • 防水対応で半身浴しながら読める
  • 物理ボタンがない、kindle oasisにはあり

コスパ抜群の端末。とりあえず迷ったらkindle paperwhiteにしときましょうな端末。

カズマ

僕はkindle paperwhiteを買います

3,kindle oasis

  • 一番高い端末
  • 唯一の7インチ大画面
  • 色味調整ライト搭載
  • 物理ボタン付きで片手で読める

読書体験にこだわりたい、最上位モデルを使いたいの人はkindle oasisしかないですね。

4,kindle キッズモデル

  • 性能はkindle(無印)とほぼ同じ
  • 1,000冊以上の子ども向けの本が1年間読み放題
  • 2年間の保証付き
  • 保護カバーが可愛い

お子さんがいる家庭だとキッズモデルがオススメ。

kindle比較まとめ

自分がkindleを使用する場面を想像して、購入するといいですね。

迷ったら人気ナンバーワンのkindle paperwhiteを選びましょう。人気商品には何か理由があるはず。

kindle(無印)paperwhiteoasisキッズモデル
価格¥8,980¥13,980¥29,980¥10,980
容量4GB8GB/32GB8GB/32GB8GB
画面6インチ6インチ7インチ6インチ
解像度167ppi300ppi300ppi167ppi
重さ174g191g188g288g(カバー含む)
接続Wi-FiWi-Fi、Wi-Fi+4GWi-Fi、Wi-Fi+4GWi-Fi
防水
物理ボタン

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)とは

Kindleについて調べると「kindle unlimited」というワードが出てきたため、ついでに調べてみました。

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)とは、Amazonの電子書籍読み放題サービスのこと。

月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題。

毎月1冊以上新しい本を購入する人はお得なサービスですね。

どんな本が読み放題かラインナップが気になるところ。

初回30日間は無料なので試してみようと思います。

カズマ

毎月の本代がおさえられるかも!?

kindleお得に買うセールってあるの?

不定期で開催されているアマゾンのセール「プライムデー、サイバーマンデー、タイムセールなど」を活用すると安く購入できます。

カズマ

結局はタイミングです!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる