お洒落は足元から。ハッピーは靴下からはじめませんか?-HappySocks-

「お洒落は足元から」
いつから、誰が言いはじめたのかわからない。でも、どこかで聞いたことがあるセリフ。

僕が最初にこのセリフを見かけたのはファッション雑誌。

以降、色んなところで聞いたりすることが増えました。世間の人はこんなにもお洒落に関心があるのかと思うほど。

冷静に考えてみると、よほど美的センスがバリバリ高くない限り、全身トータルコーデをつくることって難しい気がします。

だから、まずは「土台となる足元」を意識しましょう。って事かなと解釈。

お洒落は足元からと知って「靴」を買えばいいのかな?と思った人も多いはずですが、ちょっと待った。

靴を買う前にもっともっと足元に注目。靴下からお洒落に向かった初めの一歩。

目次

Happy Socks

スウェーデンで2008年にうまれたポップすぎる靴下。その名も「Happy Socks」

ハッピーソックの名前通り、素敵なビションのもとにスタート。なんと現在では90カ国を超える場所で販売がされています。

「日常生活に欠かせないアイテムをカラフルなデザインに変え、ハッピーな気持ちでいっぱいにしたい」


Happy Socks HP

靴下、日常生活になくてはならないモノ。ほぼ毎日履くものだけど、これまでこだわって選ぶ機会はありませんでした。

あえて言うなら、セールでまとめ買いをする、なんとなく同じメーカーで統一するくらい。こだわりからはほど遠い。

カラフルボックスからこんにちは

ホームページを覗くとびっくりするくらい、色とりどりの靴下があります。
いい意味で靴下に対する今までのイメージがぶっ壊されました。靴下=地味である必要はない。
個人的に柄物の服をあまり好んで着ないタイプなんで、足元くらいはポップなオシャレを楽しめるのは嬉しい。

数日ほど悩んで購入したのはこちら。
靴下が入っているボックスも、カラフルすぎるくらいカラフル。せっかくなので、なにか小物類を収納したいと思います。

カカトの赤がカワイイ

青色が好き、ハート・ボーダー・水玉など、派手なんだけど使いやすそうという点で選びました。実際のはき心地もグッド。厚すぎず、薄すぎず。
サイズが2つあります。36-40 (23-25,5cm)、41-46 (26-29,5cm)にわかれています。僕は24,5cmくらいの足で36-40 (23-25,5cm)にしました。これまたピッタリ。サイズ感が心配な方は、百貨店など実店舗での販売を探してみるといいかも。

Happyへ連れて行ってくれるかも

土踏まずの部分には「Happy Socks」と書かれています。
単純な僕は「ハッピー」の文字だけで、なんかイイこと起きるんじゃないかワクワクします。

お洒落が足元からはじまるなら、ハッピーは靴下から。
気合いを入れたい、大事な予定のあるとき、ハッピーソックスを履くようにしています。ドキドキ楽しい気分になると、自然と他の服や持ち物だってこだわりたくなります。

だれが言い出したかは分からないけど、昔の人は素敵なこと言いますね。
確かにお洒落は足元からでした。
季節ごとにデザインが変わるそうなので、お気に入りの靴下を増やしていこう。

追加で買った靴下たち。夏っぽいボーダーとバナナ柄。チラッと見えるのがポイント。いろんな場所で、可愛い靴下だねと声かけてもらうことが増えました。

皆さんも是非お気に入りの一足と出会ってください。

カズマ

足元シリーズでシューズの紹介もしています!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる