間違いなし。はじめての三脚デビューにぴったり―Fotopro三脚DIGI-204-

ポケットからスマートフォンを取り出し、いつでもどこでも手軽に写真を撮れる時代。

日常で写真を撮るとき、僕もごくごく当たり前のようにiPhoneを使って写真を撮ります。
友だちとの自撮り、食べ物の写真、景色など、撮りたいと思ったら「すぐ撮れる」

でも、たまに「カメラを固定して写真を撮りたい」と思う瞬間があります。

ブログ「散歩のすすめ」でレビュー記事を書く際、商品を使っている様子を撮りたい。
1人で写真を撮ろうにも、カメラを置けずに困る場面が多々ありました。

一時期、自転車のサドルやカゴに置いたり、壁などに工夫をしてのせたりしていましたが「カメラの三脚を使ったら便利」と今更ながらに気づいたので買ってみました。

写真が好きで趣味はカメラ。と大きな声で言えるレベルではなく、ブログや仕事で少し触って撮るくらいの初心者の意見です。

今回はカメラ初心者が購入して使ってよかった三脚を紹介します。

目次

Fotopro 三脚「DIGI-204」

株式会社浅沼商会のブランドKingで販売されているFotoproの三脚です。

パッケージの外観はこんな感じ。

側面に三脚のサイズや使い方がイラスト付きで解説されているため、すぐカメラの装着と三脚の設置ができます。

イラスト付き解説のおかげで戸惑わずに使えて助かります。

箱を開けると中には三脚本体と持ち運びに便利な専用袋が収納されています。

サイズ

伸長 120cm
縮長 38cm
重さ 570g
耐荷重 約1,5kg

ブラック、ガンメタリック、ホワイトの3色カラー展開があり、僕はガンメタリックの響きがカッコよくて「ガンメタリック」を購入。

実物を手にとって「グレー」と心ん中で呟いたのはここだけの話です。

Amazonだと3色のいろごとに値段が違います。数百円の差が気になる人はしっかりチェック。

持ち運びが楽チン

重さがたったの570g。500mlペットボトル1本とほとんど変わらない重さ。

一番低い状態だと38cmくらい。

大きめのリュックなら突っ込んで持ち歩いても邪魔にならないサイズ感。
ちょこんとしてカワイイ。

クイックシューが付属しているのでカメラの着脱も楽チン。
手持ちで撮影したいときはササっと構えることができます。

付け外しに手間がかかると、いつしか使わなくなってしまうので、簡単に付けられるのはポイントが高い。

上下左右の動きもお任せあれ。
ススっと持ち手を動かすことでスムーズに向きや角度を変えられます。
正面、上からだけでなく、下からのアングルもできそう。

グーンと伸びます

僕が使ってみて一番驚いた点。伸びる高さにびっくりしました。
まさかまさかの伸び方。

購入したとき「120cm」も伸びると確認していませんでした。MAXの高さまでいった状態。

ロックレバーを外すとぐんぐん伸びます。
「なにこれどこまで伸びるねん」って言いたくなりますよ。

三脚の横に身長160cmの僕が並ぶとこのくらい。

ブログ用写真以外にもイベントで大活躍しような予感。いつもと違った写真が撮れそうです。

もう一歩

初めての三脚で偉そうなことは言えませんが、気になる点を発見。

三脚が570gととても軽いため、風の影響を受けやすい。
実際に河川敷で写真を撮影した日、非常に風の強い日でした。

風が強く吹くと三脚があおられてしまいグラつき「カメラごと吹き飛ばされたらどうしよう」と少し不安になるような場面が何度かありました。

きっと重量のある本格的な三脚を買えば問題ないのかな。
Fotopro三脚DIGI-204「はじめての三脚デビューの人」にとって価格帯も使いやすさもピッタリでオススメです。

Amazonで買い物するならAmazonギフト券の利用がお得!
チャージするだけでプライム会員なら最大で2.5%のポイントが貯まる。

カズマ

カップルの記念写真にも使えそう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる