一冊の本で人生は変わる

出張におすすめAppleWatch専用モバイルバッテリー

AppleWatchを使いはじめて、気づけば1年半が経ちました。

購入してからほぼ毎日、AppleWatchをつけています。仕事や日常、運動、講演、どんな場面でも大活躍。

使い方にもよりますが、丸1日は充電が持ちます。

朝起きてから夜寝るまでつけた状態ですごしていますが、途中で充電が切れたことはありません。

僕の使い方
  • 仕事 通知確認、お金の支払い
  • 日常 電車に乗る、
  • 運動 音楽聞く、ランニング距離
  • 講演 ストップウォッチ

夜寝る前、充電ケーブルに充電する習慣。

しかし、うっかり充電を忘れたり、出張で充電ケーブルを忘れるとAppleWatchは使い物にならなくなってしまいます。

実は、僕も一度バッテリー切れになり、時間さえ確認できないAppleWatchに肩を落とした経験がありますよ。

カズマ

バッテリー切れのとき本当に困りました。

今回はそんなAppleWatchのバッテリー切れを防ぐ、モバイルバッテリーを紹介します。

「あってよかった」とふとした瞬間に思い出す商品。

出張があるサラリーマンでAppleWatchを使っている人にオススメ。

目次

AppleWatch専用モバイルバッテリー

外観はいたってシンプル。

箱の中にはモバイルバッテリー本体と説明書が入っています。

手のひらにすっぽりおさまるサイズ。軽量で60gしかないので、カバンに入れても荷物が増えた感じはしない。

1000mAhの容量でAppleWatch4を約2回は充電可能。

サイズ
  • 縦 10.3cm
  • 横 6.1 cm
  • 厚み 2.8 cm
  • 重さ 60g

使い心地

実際に使ってみると想像以上に便利でした。出張でホテル宿泊のとき、特に役立ちましたよ。

くぼみにのせると、磁気の力でくっつきます。AppleWatch専用の充電ケーブルと同じ仕組みですね。

もう一歩な充電確認

充電中のランプ点滅が少し分かりづらい。

指示ランプ説明が三段階。緑と赤のランプが残量に応じて点灯したり点滅します。

  1. 緑ランプ 残量100%
  2. 赤いランプ 残量20%
  3. 赤いランプ点滅 残量0%

あまりに小さいランプなので、明るいところだと見にくい。

USBポートのフタがゴムでつながれて、チープ感が気になるかも。

カバンの中で強く引っ張られたらちぎれてしまいそう。

ケーブルレスがGOOD

USB接続できるタイプのモバイルバッテリーなので、AppleWatch専用の充電ケーブルが不要。

わざわざ自宅用を抜いたり、旅行用に買わなくて大丈夫。絡まってごちゃつくケーブル類を減らせました。

最近はどこのホテルでも枕元に充電器が設置されてたり、USB充電デバイスがあり、簡単に使用できます。パソコンからの充電もOK。

もちろん、充電器とApple Watchは同時充電できます。急な外泊があっても、モバイルバッテリー兼充電器になるから安心。

モバイルバッテリーのバリエーション

紹介したモバイルバッテリー以外にも種類がたくさんあります。

自分の使い方にピッタリなAppleWatch専用モバイルバッテリーが見つかるといいですね。

Amazonで買い物するならAmazonギフト券の利用がお得!
チャージするだけでプライム会員なら最大で2.5%のポイントが貯まる。

カズマ

価格もピンキリ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる