忙しい日常こそ「ゆっくり、いそげ」-Book Letter page.2-

今月の読みたい本を紹介するBook Letter(ブックレター)第2回目。

いつまで続くは不明です。気になる本がある限り続けて行きたいな。

Instagramでオススメ本の紹介をしているためか、友人から「私に何か本を教えて」と頼まれることが増えてきました。

僕の感覚で「○○が好きそうだから、この本がいいんじゃないかな」と提案して、実際に喜んで読んでもらえると、とても嬉しいです。

食べ物の食わず嫌いと同じく、本にだって読まず嫌いが存在します。

僕のセンスが外れてしまっても「新しい本と出会うキッカケ」になればいいな。

目次

Book Letter(ブックレター)とは

Book Letter(ブックレター)というネーミングの由来は、ラブレターから文字ってブックレター。

Love Letter(ラブレター)=愛情を告白する手紙

Book Letter(ブックレター)=本を届ける手紙

届けるといいますが他の誰かに限らず、自分から自分への手紙でもあります。

いまの自分にオススメしたい本をあえてブログの記事で届ける。
書籍の紹介なので、なぜ選んだ本を読むべきか理由も書きます。

きっと今このブログ「散歩のすすめ」を覗いてくれている誰かにとっても役に立つはず。

僕とほんの少しばかり波長の合う人たちが読んでくれていると願って。

カズマ

皆さんのオススメ本も気になります!

ゆっくり、いそげ

僕の尊敬している人に教えていただきました。

パッと本の表紙から感じた優しい雰囲気とのギャップに驚き。中身の濃さに圧倒。

これまで仕事をするなかで、忘れていたことに気づかせてくれる。少し自身の振る舞いに反省する点もありました。

普段の何気ない自分の行動。目の前の人に対する感情の動きを一歩踏み込んで考える機会。

「ゆっくり、いそげ」新しい視点に出会わせてくれる一冊。

自分の手元にずっと置きたいと思いました。

3月のライオン 灼熱の時代

アニメ化、映画化された人気漫画「3月のライオン」唯一のスピンオフ。

3月のライオンが好きで読んでいたところ、スピンオフの存在を最近知りました。

作者が違うためイラストのタッチや世界感など、原作と少し違う部分がありますが、そんなことが気にならないくらい灼熱の時代編も面白い。

タイトル通り物凄くアツい物語。3月のライオンよりもしっかり将棋の場面が濃密に書かれています。

濃密に書かれているけど、将棋のルールを知らなくても楽しめる内容。

ブラッククローバー

週刊少年ジャンプで大人気連載中のブラッククローバー

これぞまさに、王道少年魔法ファンタジーです!

魔法がすべての世界。主人公アスタは魔法が使えない、貧民の捨て子。

友だちとの約束を果たすため、自分の力を証明するため、魔法使いのトップ「魔法帝」を目指すストーリー。

あらすじを見たとき、率直に王道の少年ジャンプっぽい漫画だなと思いました。

とりあえず読んでみよう的な軽い感じで読み進めてみると、一気にハマりました(笑)

シンプルなどこかで聞いたことがあるような物語と思いきや、一癖も二癖もあるキャラクター。

ストーリーの勢いに心を鷲掴み。続きが楽しみな漫画が増えました。

カズマ

来月のBook Letterもよろしくお願いします!

スキマ時間に読書するならKindle Unlimitedがオススメ!

月額980円で本が読み放題になる「 Kindle Unlimited」は知っていますか?

Kindle本は、基本的に単行本よりも安く、電車や移動時間にスマホでサクッと読めるのでとても便利。

電子書籍のなかでも、Amazonの Kindle Unlimitedは、980円で本が読み放題になるため、月1冊以上本を読むならお得すぎるサービス。

また、Kindle Unlimited30日間の無料体験期間があるので、お試し感覚で手軽に始められます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる